過失割合/四輪車同士の事故 交差点以外

交通事故オンライン損害賠償編

千葉、都内、埼玉、茨城を中心に全国対応
伊佐行政書士事務所
  1. 右折で路外から進入
  2. 左折で路外から進入
  3. 右折で路外へ進出
  4. センターオーバー
  5. 禁止場所での追越し
  6. 禁止場所でない追越し
  7. 進路変更
  8. 追突
  9. 転回車(Uターン)
  10. 転回終了直後の追突
  11. 駐停車車両への追突

過失割合はA:Bの順で表示しています。

交差点以外の事故の過失割合

右折で路外から進入

【jj51】四輪車同士、路外から右折で進入した事故の図

Aが直進でBが路外から道路へ進入するために右折した場合は20:80です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
Bに徐行なしAに-10
幹線道路Aに-5
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20
Bが頭を出して待機Aに+10
Bの既右折Aに+10
Aの15km以上の速度違反Aに+10
Aの30km以上の速度違反Aに+20
Aゼブラゾーン進行Aに+10~+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20

路外から右折する車と追越し禁止違反車の事例

【jj51-e1】四輪車同士、路外進入車と追越禁止違反車の事故

Bが路外から右折進入、道を譲って停止した車両を追越した、追越禁止違反の直進車Aの過失を8割とした事例。

  • ▼ 事例・判例
  • □ 直進車が時速100キロで走行していたことから、過失割合を50:50とした事例。

左折で路外から進入

【jj52】四輪車同士、路外から左折で進入した事故の図

Aが直進でBが路外から道路へ進入するために左折した場合は20:80です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
Bに徐行なしAに-10
幹線道路Aに-5
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20
Bが頭を出して待機Aに+10
Aの15km以上の速度違反Aに+10
Aの30km以上の速度違反Aに+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20
  • ▼ 事例・判例
  • □ 路外レストランからの進入車が片側二車線道路の第一車線に左折進入し。後続車と衝突した事故について、直進車の前方不注視と 速度超過を考慮し、路外進入車60、直進車40の過失割合とした事例。

右折で路外へ進出

【jj53】四輪車同士、路外へ右折で進出した事故の図

Aが直進、Bが道路から路外へ出るため右折した場合は10:90です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
Bに徐行なしAに-10
幹線道路Aに-5
Bに合図なしAに-10
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20
Bの既右折Aに+10
Aの15km以上の速度違反Aに+10
Aの30km以上の速度違反Aに+20
Aゼブラゾーン進行Aに+10~+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20

右折で路外進出車と直進車の事例

【jj53-e1】四輪車同士、路外進出車と直進車の事故

時速20キロ程度速度超過のAに対し、路外病院へ進出のため右折開始したBの過失を75%とした事例。


センターオーバー

【jj54】四輪車同士、センターオーバーの事故の図

Aが直進、Bがセンターをオーバーして衝突した場合は0:100です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20
Bが他車追い越し中(Aの15km以上の速度違反)Aに+10
Bが他車追い越し中(Aの30km以上の速度違反)Aに+20
Bの速度違反Aに-10~-20
Bの追越し禁止場所追越しAに-10
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20

わずかにセンターラインを超えていた事例

【jj54-e1】四輪車同士、わずかにセンターラインオーバーの事故

路外へ出ようとわずかにセンターラインをオーバーしていたBに対し、前方不注視、シートベルト不着用のAの過失を35%とした事例。

橋の上でスリップして横向き停止した車に衝突した事例

【jj54-e2】四輪車同士、センターラインオーバー 正面衝突の事故

橋の上でスリップして横向きに停止したAに対し、すれ違うことが困難な状況であるにもかかわらず時速40~50kmで進入し、止まりきれず衝突したAの過失を50%とした事例。


禁止場所での追越し

【jj55】四輪車同士、追越し禁止違反の事故の図

追い越し禁止場所の場合は10:90です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
Aに避譲義務違反Aに+10
Aに法27条1項違反Aに+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20
二重追越Aに-20
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20

禁止場所でない追越し

【jj56】四輪車同士、追越し禁止ではない追越し時の事故の図

追い越し禁止場所でない場合は20:80です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
Aに避譲義務違反Aに+10
Aに法27条1項違反Aに+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20
追越危険場所Aに-5
二重追越Aに-20
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20

追越車と路外へ右折する車の事例

【jj56-e1】四輪車同士、路外進出車と追越車の事故

追越中のBに気づかず、路外の駐車場へ右折開始したAの過失を3割とした事例。

追越中のBに気づかず、合図遅れで路外の駐車場へ右折開始したAの過失を6割とした事例。


進路変更

【jj57】四輪車同士、左側へ進路変更した事故の図 四輪車同士、右側へ進路変更した事故の図

進路変更時の事故の場合30:70です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
進路変更禁止場所Aに-20
Bに合図なしAに-20
Aに初心者マーク等Aに-10
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20
Aの15km以上の速度違反Aに+10
Aの30km以上の速度違反Aに+20
Aゼブラゾーン進行Aに+10~+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20
  • ▼ 事例・判例
  • □ 合図なしで車線変更した先行車の過失を8割とした事例。

追突

【jj58】四輪車同士、追突事故の図

Aが、信号待ちなど適法に停車中のBに追突した場合は100:0です。

Aが追突した原因に、Bの理由のない急ブレーキ違反などがある場合は70:30となります。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
住宅街・商店街等Aに+10
Aの15km以上の速度違反Aに+10
Aの30km以上の速度違反Aに+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20
Bが幹線道路の走行車線上停止Aに-10
Bの制動灯故障Aに-10~-20
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20

路外からの進入車と追突車の事例

【jj58-e1】四輪車同士、路外進入車と追突車の事故

速度超過のAに対し、路外から第一車線にゆっくり進入したBの過失を8割とした事例。

  • ▼ 事例・判例
  • □ 先行A車が漫然と車線変更したため、後続車Bが追突したケースで、Aの過失を7割とした事例。
  • □ 先行A車が車線変更後、後続車Bが追突したケースで、Bの前方不注視が原因と、Bの一方的過失を認めた事例。
  • □ 路上の猫の死骸に驚き急ブレーキをかけて後続車に追突された車の過失を35%とした事例。
  • □ A車が急停止したため後続のB車も急停止したところ、更に後続のC車がB車に追突したケースで、C車の過失を10割とした事例。

転回車(Uターン)

【jj59】四輪車同士、Uターン時の事故の図

転回車と直進車の場合、20:80です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
Bに合図なしAに-10
転回危険場所Aに-10
転回禁止場所Aに-20
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20
Aの15km以上の速度違反Aに+10
Aの30km以上の速度違反Aに+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20
  • ▼ 事例・判例
  • □ Uターン車に後続直進車が追突した事故につき、至近距離でのUターン開始であったことから、直進車の過失を0とした事例。

転回終了直後の追突

【jj60】四輪車同士、Uターン終了後の追突事故の図

転回車と直進車で、転回終了直後の場合は30:70です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
Bに合図なしAに-5
転回危険場所Aに-10
転回禁止場所Aに-20
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20
Aの15km以上の速度違反Aに+10
Aの30km以上の速度違反Aに+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20

駐停車車両への追突

【jj61】四輪車同士、駐停車車両への追突事故の図

駐停車車両に追突した場合は100:0です。

主な修正要素(ケースによっては修正しない場合もあります)
視認不良Aに-10
駐停車禁止場所Aに-10
Bの非常点滅灯等の不灯火等Aに-10~-20
Bの駐停車方法不適切Aに-10~-20
Bの著しい過失Aに-10
Bの重過失Aに-20
Bの退避不能Aに+10
Aの15km以上の速度違反Aに+10
Aの30km以上の速度違反Aに+20
Aの著しい過失Aに+10
Aの重過失Aに+20

片側二車線の駐車禁止場所に駐車していた車両に追突した事例

【jj61-e1】四輪車同士、駐車禁止場所違反車の事故

Aが右折後300m先に駐車違反していたBに追突した事故で、前方不注視は重大と、Aの過失を8割とした事例。

  • ▼ 事例・判例
  • □ 片側二車線道路で、第二車線全てを塞いで違法駐車していた大型貨物車の過失を2割、追突車の過失を8割とした事例。